機動戦士ガンダム 第21話 感想&見所

ガンダム 第21話「激闘は憎しみ深く」の感想と見所


<見所>

@ハモン、ランバ・ラルの敵討ちに出る
Aリュウ壮絶な最期!!

<感想>

@ハモンがランバ・ラルの敵討ちに出ます
 ハモンがいかにランバ・ラルのことを愛していたか
 ということがよくわかりました。

 リュウの特攻があり、作戦は失敗に終わってしまいましたが
 凄まじい戦闘でした
 ランバ・ラル隊の最期の勇姿
 立派でした。

 ハモンさんもこの話で戦死されました
 こういったキャラが居なくなるのは寂しい限りです

Aハモンさんの命懸けの特攻に、
 リュウもコアファイターで
 ハモンの乗るマゼラトップに特攻をしかけ
 帰らぬ人になってしまいます
 ハモンとリュウのそれぞれの想いがぶつかった結果が
 死という結果になってしまいました。

 リュウはホワイトベース内で
 まとめ役として絶大な信頼を寄せられていただけに
 ホワイトベースのクルー達はその死に
 戸惑い、涙します。

 ブライトにとっても
 リュウは相当頼れる存在だっただけに
 ブライトさんの
 「か、勘弁してくれ、リュウ、勘弁してくれよ。な、お、俺達こ、これからどうすりゃいいんだ?え?リュウ、教えてくれ。教えてくれんのだな、もう」
 というセリフからも
 リュウの存在の大きさが伺えます!!
 子供向けのアニメのはずなのに
 こんなに人が死んでいくなんて・・・
 シビアすぎます 
 

その一部始終・名シーンはこちらYouTube

21話で出てくる名言&その感想
ブライト名言  

21話全セリフ&コメント


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。