第24話「迫撃!トリプル・ドム」全セリフ&コメント付

機動戦士ガンダム 第24話「迫撃!トリプル・ドム」より



ナレーター 「大破したホワイトベースを救助する為に連邦軍より出発したミデア輸送隊は、グフとドダイ要撃爆撃機に襲われた。急を知って駆けつけたアムロ達は、ガンダムのパワーアップの為のGパーツの助けを借りてこれを殲滅した」



キシリア 「おふざけでない。まったく問題にならぬプランです。地球連邦軍の包囲の中からマ・クベはどれだけ貴重な資源を送り届けてくれたか、お忘れか?モビルアーマーの実用化もすべて」
ジオン将校A 「おそれながら、それでありましては軍の権威が」
  「…」
キシリア 「男子の面子、軍の権威、それが傷つけられてもジオンが勝利すればよろしい。その上であなたの面子も立ててあげましょう。地球での白兵戦用のモビルスーツはシャア中佐にまわす手立てをつけなさい」
ジオン将校B 「しかし、今すぐという訳には」
キシリア 「当たり前です。シャアがマッドアングラー隊に降りるまでに間に合えばよい。それにだ、各部隊に配属中の重モビルスーツで地球の戦闘に耐える物があるはずです、それをまわす事も考えるべきでしょう」
ジオン将校B 「あ、はあ」
キシリア 「ドムをまわしましたか?三連星に」
ジオン将校A 「は、既にマ・クベと合流すべく衛星軌道より発進した頃でありましょう」
キシリア 「それでよい、それで」
  「すべて臨機応変にな」

ナレーター 「月を占領するキシリアには、地球上の戦いにみずから出撃する訳にはいかなかった。各地での戦いが不安定であったからだ。彼女にできる事といえば、ジオンの三連星と渾名される直属の勇士達をマ・クベの元に送り届ける事ぐらいであった」

マチルダ 「おはよう」
アムロ 「え?あ、おはようございます、マチルダ中尉」
マチルダ 「これは?」
アムロ 「ガンダムのパワーアップパーツ用の備品です。結局修理は自分でやるようになりますから整理してたんです」
マチルダ 「さすがですね」
アムロ 「ど、どちらへ?」
マチルダ 「ブリッジへ上がります」
アムロ 「…ご案内します」
マチルダ 「いいわ」
アムロ 「い、いえ、これでも要領があるんです、近道の」
マチルダ 「じゃ」

フラウ 「あ、おはようございます」
マチルダ 「おはよう」
フラウ 「アムロ」
アムロ 「あっ、なんだよ?」
フラウ 「さっき、食事が終わったらあたしの部屋のエアコン直してくれるって言ったでしょ」
アムロ 「そうか?」
フラウ 「ん、もう」
ハロ 「ン、モウ、ン、モウ、ン、モウ」
フラウ 「うるさい」

カイ 「あのマチルダさんってよう、俺好みってとこかな。きりっとしててやさしくてよう」
  「マチルダさんみたいなの恋人だったら最高だよな」
マチルダ 「手の方がお留守のようね」
カイ 「えっ?…お、おはようございます、ちゅ、中尉」
マチルダ 「素敵な恋人探してね」
カイ 「ちゅ、中尉、あの、恥のかきついでであります、のちほどご一緒に写真を撮らせていただきたく、お、お願い申し上げます」
→笑
マチルダ 「ええいいわ。今すぐでもね」
カイ 「は、光栄です」

カイ 「いいかげんにしてくれよ、12枚しかコピーとれねえんだぞ」
クルー達 「いいじゃねえかよ」
カイ 「よーし、もう撮るからな。それっ」
  「あら」
→和やかムードで・・・

アムロ 「ブライトさん、マチルダ中尉をお連れしました」
ミライ 「ご苦労さま」
マチルダ 「あ、そのままで」
ブライト 「す、すいません、中尉」
マチルダ 「思ったより元気そうね」
アムロ 「失礼します」

アムロ 「…ヤッホーッ」

レビル 「各隊の移動が遅れているな。オデッサ作戦を早めたいというのに」
  「エルラン、集結を急がせたまえ」
エルラン 「は、しかし」
レビル 「しかし?軍は実行あるのみではないのかね?」
エルラン 「はっ」
連邦士官A 「レビル将軍、空軍のパトロール隊がキャッチした報告書であります」
レビル 「うむ」
  「ジオンの戦艦ザンジバルが降りてきたと?」
エルラン 「その件は、このビッグトレーからも確認しておりますが」
レビル 「いや、問題はそのあとだ。黒い三連星が新型モビルスーツで来た。ルウム戦役の時に私を捕虜にした兵士達だ。手ごわいぞ、これは。オデッサ・デイの開始を早めるしかないな、エルラン」
エルラン 「は、…早速各部隊に伝えます」

ジュダック 「顔色がすぐれませんが」
エルラン 「ジュダック、貴様、ダブルスパイではなかろうな?黒い三連星がザンジバルで降りてきた事、レビルには筒抜けだったぞ」
ジュダック 「まさか、そんなこと」
エルラン 「フン、オデッサ作戦の開始が早くなったとマ・クベに伝えろ」
ジュダック 「はっ」

マチルダ 「予定は繰り上がりそうですか?大佐」
セキ 「は、まず大丈夫です」
マチルダ 「アムロはガンダムのパワーアップパーツを」
アムロ 「はい」

アムロ 「マチルダさん」
マチルダ 「え?」
アムロ 「なぜ補給部隊に入ったんですか?」
マチルダ 「そうね。戦争という破壊の中でただひとつ、物を作っていく事ができるから、かしらね」
アムロ 「物を作る」
マチルダ 「戦いは破壊だけでも、人間ってそれだけでは生きていられないと私には思えたからよ」
  「さ、洗濯は終わったわ」

アムロ 「マチルダさん」
マチルダ 「ん?」
アムロ 「僕、思うんです。マチルダさんって強い方なんですね」
マチルダ 「生意気ね」
アムロ 「す、すいません」
マチルダ 「いいのよ」
→穏かな会話で・・・

ガイア 「アッハハハハ、まあ任せろ。シャアと我々とは訳が違うて。早速木馬と白いモビルスーツとやらを見せてもらおうか」
  「ま、まあいい」
  「オルテガ、マッシュ、行くぞ」
オルテガ 「おう」

ガイア 「そろそろ近いぞ」
  「金属反応はなしか。次の山へ飛ぶぞ」

ブライト 「何か?」
セイラ 「敵です。モビルスーツ三機、二時の方向から進入してきます」
ブライト 「迎撃体制」
  「ミライ、頼む」
ミライ 「はい」

子供達 「敵襲だ、敵襲だ」
クルーA 「オーライオーライ、オーライ」
連邦士官A 「ミデア三番機をホワイトベースの前からどけろ」
ハヤト 「操縦系が上に付いたのはいいけど、一人でうまくやれるかなあ?」
カイ 「ようハヤト、大丈夫か?」
ハヤト 「カイさんだって一人でやってるんでしょ、できますよ」
カイ 「ハハハハハッ」

マーカー 「第二監視網に入りました、動きが速いです」
ミライ 「ガンダムはどうなっていて?」
セイラ 「そ、それが、Gアーマーのチェック中です。それに、あたしに降りてこいって」
ミライ 「誰が?」
セイラ 「技術大佐のセキさんです。Gファイターに乗れということで」
ミライ 「そんな。ジョブ・ジョンじゃいけないの?彼だってパイロットよ」
セイラ 「モビルスーツの経験者ということです」
ミライ 「そう。その席にはフラウ・ボゥにでも代わってもらいましょう」
ハヤト 「ミライさん、オーバーホールしたエンジンです、慣らし運転を忘れないでください」
ミライ 「了解」
セイラ 「じゃフラウ・ボゥ、頼むわ」
  「行きます」

セキ 「接続部分はコンピューターがやるからパイロットは考えなくていい」
アムロ 「でも、コンピューターがやられたら?」
セキ 「レーザーセンサーさえ合えば手動でドッキングさせられる。ただし、時速600キロ以下だと失速するぞ」
マチルダ 「Gファイターのパイロットはどうしました?」
アムロ 「来ました」
マチルダ 「急いで」
セイラ 「は、はい」
  『これ、Gファイターじゃない。たしかGアーマーって』
  「大丈夫かしら?」
クルーA 「一度でもガンダムに乗ってりゃ簡単なもんですよ」
マチルダ 「では、メカを信頼してね。ブリッジで見せてもらいます」
アムロ 「は、はい。では」
マチルダ 「…」
アムロ 「セイラさん、い、いいですか?」
セイラ 「チェックが終わってないわ、もう少し待って」

ハヤト 「こ、こいつ速いぞ」

オムル 「エンジンの出力がアップしません。これでは離陸しても」
ミライ 「専門家に見てもらう?」
オムル 「は、はい」
ミライ 「フラウ・ボゥ、マチルダ中尉とセキ大佐を至急呼んでちょうだい」
マチルダ 「ホワイトベースどうした?なぜ離陸しないのか?」
ミライ 「メインエンジンの出力が上がりません」
マチルダ 「なに?」
  「大佐」
ミライ 「フラウ・ボゥ、アムロ、セイラのGアーマーは?」
フラウ 「セイラさんが手間取ってます、ガンダムとのドッキング操作がわからないって」
マチルダ 「構いません、アムロに任せて発進させな、あっ」
  「大丈夫です、Gアーマーやらせなさい」
ミライ 「はい」
  「Gアーマー、アムロ、セイラ、発進です」
フラウ 「はい」
  「アムロ、セイラさん、発進願います」

セイラ 「ドッキング系と、1番、2番」
アムロ 「セイラさん、行きますよ」
セイラ 「ええ、ええどうぞ」
アムロ 「エンジン全開、発進軸合わせ。よろし?」
→まさかのセイラ調!?
セイラ 「お、OK」


カイ 「左か?」
  「いただき」
  「来たっ」
アムロ 「セイラさん、左へ」
セイラ 「えっ?」
  「あっ」
  「ああっ」
アムロ 「セイラさん、Gアーマーの時はそちらの方がコントロールしやすいんです、頼みます。赤外線モニターいいですか?Gアーマーの主砲は僕が撃ちますから」
  「どこだ、敵は?」
  「うしろか。急速反転」
セイラ 「り、了解」
アムロ 「もっと一杯に引いてください」
セイラ 「…」
アムロ 「もっと力一杯踏んで」
セイラ 「…ううっ」
  「…」
アムロ 「遅かったか」
  「まずいな、大きいだけ小回りが利かない。しかし、Gアーマーのビームキャノンのパワーならガンダムの三倍は持つんだ、なんとか」
  「左90度旋回、ビームキャノン、照準に入ります」
セイラ 「り、了解」
アムロ 「そう、40度で入ってください」
  「ようし、いけっ」
ガイア 「ああ、うるさいハエめ」
  「ああ、しかし見たことはないぞ。木馬のデータの中にもない」
  「戦闘爆撃機にしてもあの形は知らんな」
アムロ 「リアミサイル、射角マイナス4度」
ガイア 「ああ、やるな、得体の知れない戦闘機め」

セキ 「シンクロモーターそのものは問題ない。変じゃないか」
連邦兵A 「こちらも異常ありません」
セキ 「調べなおせ」

マーカー 「Gアーマー苦戦中です。ガンキャノン、ガンタンク後退してます」
ミライ 「マチルダ中尉」
マチルダ 「大丈夫、セキ大佐はやってくれます」
  「フラウ・ボゥ、私のミデア機、いつでも出撃できるようにと伝えてください」
フラウ 「はい」
ミライ 「少し、間に合わないかもしれない」
マチルダ 「どうしてそう思うんです?」
ミライ 「理由はありません、そう思えるんです」
  「…」
マチルダ 「何か?」
ミライ 「…いいえ」
マチルダ 「…心配性のようね、あなたは」
ミライ 「でしょうね。人にはそう言われます」
  『アムロ、セイラ、カイ、ハヤト、頑張って』

カイ 「あそこか」
  「なんてドジだよ、俺は。敵の足を止める事さえできやしない」
ハヤト 「や、やるな」
セイラ 「うっ」
アムロ 「セ、セイラさん」
セイラ 「だ、大丈夫。敵は?」
アムロ 「だいぶ入られてしまいました。山陰に入ってください」
セイラ 「ガンダムになるわけ?」
アムロ 「はい」
セイラ 「パーツのドッキング、できるかしら?」
アムロ 「できますよ、セイラさんなら」
  「…セイラさん、いつも僕にそう言ってくれました」
セイラ 「お返しってことね。やってみるわ、アムロ」
アムロ 「パターンG、オートマチック、セット。異常がありましたら、いえ、大丈夫、いけます」
セイラ 「4、3、2、1、0」
アムロ 「大丈夫ですか?セイラさん」
セイラ 「コンピューターが全部やってくれたわ。さ、アムロ、ホワイトベースへ急いで」
アムロ 「了解」
  「あ、ミ、ミデアが」
  「まさか、マチルダさんのミデアじゃ?」

マチルダ 「二、三番は圧力が上がりました。あとは駄目です、むしろ下がってます」
セキ 「原因はわかりました、3分待ってください」
マチルダ 「2分ですませてください。あっ」
ミライ 「主砲、撃て。前部ミサイル水平発射」
マチルダ 「モビルスーツか」

アムロ 「あそこか。これ以上やらせるか」
ガイア 「うっ、よけた。俺の狙いを」
アムロ 「バルカンが効かないのか?」
  「しまった、ホワイトベースに。うっ」
ガイア 「ま、連邦のモビルスーツ、噂ほどではないわ。うっ」

マチルダ 「あっ」
  「あと一息でホワイトベースは生き延びるというのに、こんな所でむざむざと傷つけられてたまるものか」

マチルダ 「発進」
連邦兵A 「は?」
マチルダ 「急げ」
連邦兵A 「あ、はい」

アムロ 「しまった。モビルスーツめ、先にホワイトベースをやるつもりか」
ガイア 「あのパイロットめ、ただもんじゃないぞ。オルテガ、マッシュ、モビルスーツにジェットストリームアタックを掛けるぞ」
  「思ったより素早いぞ、いいな?」
オルテガ 「おお」
アムロ 「こいつ、来るのか?」
  「うわーっ」
  「うっ」
  「ううっ」
ガイア 「いけるぞ、もう一度ジェットストリームアタックだ」
アムロ 「ん?ミデア。誰が乗ってるんだ?」
  「来る」
  「しまった」
  「うわーっ」
ガイア 「ああっ、俺を踏み台にした?」
アムロ 「んん」

マチルダ 「そのまま地面に叩き付けるんだ。あっ、ああっ」
→マ、マチルダさ〜〜ん!!

オルテガ 「この野郎、あと一息ってところを」
アムロ 「やーっ」
セイラ 「…な、何もできなかったなんて」
ガイア 「マ、マッシュのドムがや、やられた」
オルテガ 「ジェットストリームアタックをすり抜けるなんて信じられん」
ガイア 「武器がない。作戦も考え直さねばならん」
オルテガ 「…」

レビル 「いいニュースだ。ホワイトベースはジオンの黒い三連星を退けて戦線に復帰したよ」
エルラン 「そ、それはおめでとうございます」
レビル 「や、さすがだな。ホワイトベースもいよいよ本物だ」
エルラン 『奴ら、よ、よくも。どこにそんな力があるというのだ?』
レビル 「エルランくん」
エルラン 「は?」
レビル 「マ・クベの基地を叩くオデッサ作戦、本日午前六時をもって開始する」

ブライト 「…ミデア輸送部隊、マチルダ隊の戦死者に対して哀悼の意を表し、全員敬礼」
キッカ 「…」
セイラ 「私が不慣れなばかりに。す、すみません、マチルダさん」
アムロ 『マチルダさん、マチルダさん、マチルダさん、マチルダさん、マチルダさん、マチルダさーん』
  『マチルダさーん』

次回予告 「オデッサ作戦開始前に裏切り者が捕らえられたことが、地球連邦軍を勝利に導いた。しかし、三連星の生き残りの二機のドムは執拗にガンダムに迫る。仲間の仇を討たんが為に。機動戦士ガンダム、次回、『オデッサの激戦』。君は、生き延びることができるか?」


24話動画はこちらよりYouTube

ガンダム 第24話「迫撃!トリプル・ドム」の感想と見所

黒い三連星のジェットストリームアタック名場面 動画

ファーストガンダムとガンダムSEED DESTINYのジェットストリームアタック 比較 動画

アムロの「マチルダさ〜〜ん!!」名場面 動画

ドラマ『電車男』にマチルダさんと秋葉カンペーさんが出演しているシーンの動画


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。