第35話「ソロモン攻略戦」全セリフ&コメント付

機動戦士ガンダム 第35話「ソロモン攻略戦」より



ナレーター 「サイド6を脱出するホワイトベースに対して、コンスコン機動隊の攻撃は執拗を極めたが、ガンダム以下各機の活躍によってこれを退けることに成功した。しかし、本格的な戦闘はこれからである」



オスカ 「第三艦隊、後方より接近してきます」
連邦兵A 「ホワイトベース、聞こえるか?」
フラウ 「感度良好、どうぞ」

連邦士官A 「これより編隊を組む。コース固定、フォーメーション同調は当方で行う。補給受け入れ態勢に入れ」

ブライト 「了解したと伝えろ」
フラウ 「はい」
マーカー 「輸送艦コロンブス、右より前方に出ます」
ブライト 「よし、補給体制急げよ。艦隊司令に挨拶してくる」

キッカ 「なんで行っちゃいけないの?あたしも挨拶しに行く」
ブライト 「子供のおつかいじゃないんだから」
スレッガー 「中尉も、子供の使いにならんようにな」
ブライト 「中尉も、補給の手伝いを」
キッカ 「んもう」

カイ 「ミサイルを抱えたぶっさいくなのいるけど、あれなんだ?」
クルーA 「パブリクタイプの突撃艇ですよ」
カイ 「突撃艇?ってことはまた厳しくなりそうだな、おお、やだやだ」

ワッケイン 「そうだ。任せる」
連邦士官A 「艦長、ホワイトベースの艦長がお見えになりました」
ワッケイン 「ん、ご苦労」
ブライト 「…ブライト・ノア中尉であります」
ワッケイン 「ご苦労だったな、ブライト君」
ブライト 「ご無沙汰であります、ワッケイン司令」
ワッケイン 「司令はやめてもらおう、お偉方が集まれば私などあっという間に下っ端だ。んん?」
ブライト 「は?」
ワッケイン 「貴様もいっぱしの指揮官面になってきたかな?結構なことだ」
  「見たまえ」
ブライト 「は」
ワッケイン 「これが現在我々の通っているコースだ、主力は大きく迂回して進んでいる」
ブライト 「これは。やはり作戦目標はソロモンですか?」
ワッケイン 「そうだ。ホワイトベースは我々と共にソロモン攻略の先鋒となる」
ブライト 「そうですか、大変な任務ですね。我々にできますか?」
ワッケイン 「君自身、そんなことを考えられるようになったのもだいぶ余裕が出てきた証拠だな。大丈夫だ」
ブライト 「しかし、ホワイトベースのパイロットは完全にオーバーワークです。ことにアムロは」
ワッケイン 「ああ、あのガンダムの坊やか。素晴らしい才能の持ち主だ。彼は我々とは違う」
ブライト 「違う?どう?」
ワッケイン 「そう思えるんだ」

アムロ 「磁気圧が上がらないのか、まいったな」
クルーA 「お食事です」
アムロ 「あ」
クルーA 「どうかしましたか?」
アムロ 「あ、そこに置いといてください、あ、ありがとう」
  「まいったな」

ドズル 「パプア艦でたった一機のビグザムだけだと?」
ジオン士官A 「は、現在はこれしか出せぬ、と」
ドズル 「ええい、兄上は何を考えているのだ?今あるリック・ドムでは数が足りんのだ。新鋭モビルスーツの一機をよこすくらいならドムの十機もまわさんのか?」
ジオン士官A 「じ、実は」
ドズル 「なんだ?」
ジオン士官A 「今回のビグザムも試作段階でして、開発は急いでいるのですが、なにぶん各方面からの要請が、その」
ドズル 「もうよい、うせろ」
ジオン士官A 「は」
ドズル 「ええい、ビグザムの組み立てを急がせろ」
ジオン士官B 「は」
ドズル 「それにだ、ティアンム艦隊の動きは掴めんのか?」
ジオン士官B 「申し訳ありません。ミノフスキー粒子の極度に濃い所を索敵中でありますが、ダミーが多くて」
ドズル 「それが戦争というものだろうが」

ジオン兵A 「物資搬入急げ」
ジオン兵B 「移送パイプ解除、バルブ閉鎖」
ジオン兵C 「艦内気圧チェック、急げ。水先案内人、どうした?」

シャア 「ご苦労でした、カムラン監察官殿。封印は解いていただけましたかな?」
カムラン 「封印は取りましたが、領空内での発砲は」
シャア 「承知している」
カムラン 「早く出て行ってもらいたいもんだな。二度と来てもらいたくない」
シャア 「言葉には気をつけたまえ、ミスター・カムラン」
カムラン 「なに?」
シャア 「サイド6が生き延びてこられたのもジオンの都合による。その辺をよーく考えるのだな」
カムラン 「…お目こぼしだとでもいうのか?」
シャア 「ララァ、何をしている?」
カムラン 「…」
  「ど、どなたです?」
シャア 「私の妹、とでもしておいてもらおう」

ワッケイン 「現在我が艦隊は、敵の宇宙要塞ソロモンから第三戦闘距離に位置している」

ブライト 「目と鼻の先か」
ワッケイン 「以後は敵と我々の間を邪魔する物は一切ない」

カイ 「やれやれ」

ワッケイン 「艦隊、横一文字隊形に移動」
ブライト 「フラウ・ボゥ、カツ、レツ、キッカは?」
フラウ 「重力コアのEブロックにいます」
ブライト 「ハロもか?」
フラウ 「はい」

レツ 「こんなとこにじっとしてんなんてさ」
キッカ 「こんなの着てなきゃ戦えんだ」

ワッケイン 「戦法は正攻法、突撃艦パブリクによるビーム攪乱幕を形成する」

ワッケイン 「全艦、正面より進攻する」

カイ 「じょ、冗談じゃないよ。たったこれだけじゃ死にに行くようなもんじゃねえか」
アムロ 「大丈夫ですよ、カイさん。連邦軍だって考えてますよ」
カイ 「そんなこと言ったっておめえ」
セイラ 「無駄口がすぎるわ、カイ。主力のティアンム艦隊を信頼するのね」

ワッケイン 「諸君達は15分だけ持ちこたえればいいんだ。その間に本隊が対要塞兵器を使用する」

アムロ 「対要塞兵器?なんだろう?」

ワッケイン 「攻撃開始。マイナス8。パブリク各機、3、2、1、0、発進」

ドズル 「で、どうなのだ?敵の侵出の状態は」
ジオン兵A 「は、サイド4の残骸にまぎれて接近中であります。ビーム攻撃、入りました」
ドズル 「よーし、仕留めよ」
ジオン兵A 「は」

ブライト 「ミサイル、主砲、ビーム砲、発射用意。撃て」

ドズル 「敵は強力なビーム攪乱幕を張ったぞ。リック・ドム、ザクの部隊は敵の侵攻に備えろ。敵は数が少ない、ミサイル攻撃に切り替えるのだ。ミルヴァ艦隊、左翼に展開しろ。ハーバート隊、後方を動くな。ティアンムの主力艦隊は別の方角から来るぞ」

連邦兵A 「ビーム攪乱幕、成功です」
ワッケイン 「よし、各艦、任意に突撃」
  「我が艦もジム、ボール、各モビルスーツ隊発進」

ブライト 「モビルスーツ、各Gファイター、発進始め。陽動作戦だということを忘れるな」

スレッガー 「みんな出遅れるなよ」
セイラ 『ザンジバルさえいなければ』
  「セイラ、行きます」
カイ 「ガンキャノン、行くぜ」
アムロ 「行きます」

アムロ 「これが、戦場か」

 

カイ 「この野郎。一発目。お次は?うわぁお」
セイラ 「カイ、息を抜いては駄目よ」
カイ 「セイラさん、愛してるよ」

ドズル 「ラコック、ここを頼む」
ラコック 「は、閣下」
ドズル 「すぐ戻る」
ラコック 「は」

ドズル 「万一の事がある、女どもは退避カプセルに移れ」
  「急いでな」
ゼナ 「戦局はそんなに悪いんですか?」
ドズル 「急げ」
侍女A 「はい」
ドズル 「このソロモンが落ちるものか。万一だ、万一の事を考えての事よ。ようやくにも手に入れたミネバの為」
ミネバ 「…」
ゼナ 「お声が大きいから」
ドズル 「ははははは、急げよ」

スレッガー 「ちょいこっち、ちょいこっち。そうそう、ほいっ」
ナレーター 「生か死か、それは終わってみなければわからなかった。確かな事は、美しい輝きがひとつ起こるたびに何人か、何百人かの人々が確実に宇宙の塵となっていくという事だ」

ティアンム 「ミラーの準備はあと?」
連邦兵A 「は、あと4分ほどであります」
ティアンム 「ん、ソロモンもそろそろこっちに気付くぞ」

ラコック 「なに?馬鹿な、サイド1の残骸に隠れていたのがわかりました?」
ドズル 「どうしたか?」
ラコック 「ティアンムの主力艦隊です」
ドズル 「ん、衛星ミサイルだ」

アムロ 「あれは?」
  「わあーっ」

ドズル 「敵本隊に戦艦グワランとムサイを向かわせろ」
ラコック 「第七師団に援軍を求められましては?」
ドズル 「すまん」
  「キシリアにか?フン、これしきの事で。国中の物笑いの種になるわ」

連邦兵A 「ミラー配置完了」
連邦兵B 「姿勢制御バーニア、連動システムOK」
ティアンム 「ソーラ・システム、目標、ソロモン右翼スペースゲート」
連邦兵C 「軸合わせ10秒前」
連邦兵A 「迎撃機接近、各艦注意」
ティアンム 「構うな、焦点合わせ急げ」
連邦兵B 「3、2、照準入ります」

アムロ 「ソ、ソロモンが焼かれている。あれが」

ブライト 「連邦軍の新兵器の威力なのか」

ドズル 「な、何事だ?」
ジオン兵A 「第6ゲート消えました、敵の新兵器です」
ドズル 「な、なんだ?」
ジオン兵A 「レーダー反応なし、エネルギー粒子反応なし」
ドズル 「レ、レーザーとでもいうのか?方位は?」
ジオン兵A 「敵主力艦隊です」
ドズル 「グワラン隊が向かっているはずだな?」

ジオン兵A 「こちら、45メガ粒子砲、どこへ攻撃すればいいんだ?うわあーっ」

ハヤト 「うわーっ。うっ、こ、このっ。ま、まずいな、弾装ロックが切れたか。ひ、引き返すしかないのか」

マーカー 「ガンタンク着艦しました。損傷度B、パイロット負傷しています。戦力はガンタンクが後退したことにより11パーセント低下しました」
フラウ 「ハヤトが?」
  「負傷者が増えたようです、医療班の手伝いに行かせてください」
ブライト 「いいだろう」
  「バロ、フラウに代わってやれ」
バロ 「はい、代わります」

サンマロ 「マサキ軍曹、輸血の準備を」
  「すぐ楽になる」
フラウ 「手伝える事あります?」
サンマロ 「あ?AB型の血液ビンと輸血セットを持ってきて」
フラウ 「ハヤト」
サンマロ 「急いで」
フラウ 「はい」

ドズル 「敵の本隊が出てくるぞ。衛星ミサイルで軌道上にあるものはすべて発射しろ」

サンマロ 「いいね、ハヤトにはもう一本輸血する、忘れないでね」
フラウ 「はい」
ハヤト 「ううっ、く、来る。ド、ドムが。あ?…フラウ・ボゥ」
フラウ 「静かにね。あなたは十分に戦ったわ。もう静かにしてていいのよ」
ハヤト 「みんなは?」
フラウ 「無事よ。元気に戦っているわ」
ハヤト 「そう」
  「く、悔しいな、僕だけこんなんじゃ。セイラさんにもカイさんにもかなわないなんて。な、情けないよ」
フラウ 「なに言ってるの、ハヤト。立派よ、あなただって」
ハヤト 「やめてくれよ慰めの言葉なんて。こ、こんな僕だってね、ホワイトベースに乗ってからこっち、アムロに勝ちたい、勝ちたいと思っててこのざまだ」
フラウ 「ハヤト。アムロは、違うわあの人は。私達とは違うのよ」

アムロ 「かあっ」

ラコック 「ガトル第二、第六戦隊応答なし。グワラン応答なし」
ドズル 「ラコック、すまん、コーヒーを頼む」
意外と悠長だね・・・
ラコック 「は」
ドズル 「残ったモビルスーツを戻させろ、ソロモンの水際で敵を殲滅する」

アムロ 「後退するのか?」
  「どこから突入するか?」
  「あれか?新兵器の破壊した跡は。すごいな」
  「行くぞ」

連邦兵A 「ホワイトベースより入電。味方のモビルスーツがソロモン内に進入しました」
ティアンム 「ようし、本艦、各艦からもモビルスーツ隊を出す」
連邦兵A 「了解」
  「タイタンより各艦へ。モビルスーツ・ジム及びボールの突入隊を発進させろ」

セイラ 「みんな、うまくやってね」

シャア 「ソロモンが救援を欲しがっている?」
ジオン兵A 「はい。暗号電文で細かいことはわかりませんが、ともかくキシリア様の命令です。ソロモンへ向かえ、との事です」
シャア 「ララァ、いいな?いよいよ戦場に入る」
  「ザンジバル、最大船速。目標、ソロモン。各員、第三戦闘配備」

カムラン 「行ってくれたか。やれやれ」
  「ミライ、せめて長生きしてくれよ」

ドズル 「ゼナはいるか?」
ゼナ 「あなた、いけないのですか?」
ドズル 「馬鹿を言うな、ソロモンは落ちはせんて」
ゼナ 「では」
ドズル 「いや、脱出して姉上のグラナダへでも行ってくれ」
ゼナ 「いけないのですか?」
ドズル 「大丈夫、案ずるな。ミネバを頼む。強い子に育ててくれ、ゼナ」
ゼナ 「…あなた」
ドズル 「私は軍人だ。ザビ家の伝統を創る軍人だ。死にはせん。行け、ゼナ、ミネバと共に」

ドズル 「モビルスーツ隊の編成を急げ、敵は上陸しつつある。決戦用リック・ドム、ザク、出動用意。ガトル戦闘隊、ミサイルの補給のすんだものから発進させい。ビグザムの用意はどうか?決戦はこれからである」
  「ほう、これがビグザムか」

次回予告 「ドズル中将のモビルアーマーが連邦軍を蹴散らしていく。スレッガー中尉の捨て身の攻撃が突破口を開いた時、アムロは見た。ドズルの中に宿る憎悪の影を。機動戦士ガンダム、次回、『恐怖!機動ビグ・ザム』。君は、生き延びることができるか?」



35話動画はこちらよりYouTube

ガンダム 第35話「ソロモン攻略戦」の感想と見所


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。