機動戦士ガンダム 第35話 感想&見所

ガンダム 第35話「ソロモン攻略戦」の感想と見所


<見所>

1:コンペイトウことソロモンの激闘

2:ドズルの奮戦


<感想>

1:コンペイトウの形をしたソロモンで
  ジオンと連邦との総力戦が行われます
  連邦のソーラ・システムで大打撃をうけたジオンですが
  ドズル中将のもと奮戦します。

  ソーラ・システム・・・どうみても虫眼鏡で
  太陽の光を使って黒く塗った紙を焼くという
  小学校の時よくやった
  あれにそっくりだなって思いました。

  
  この話の戦闘シーンは
  ファーストガンダム史上でも
  トップクラスの大乱闘で迫力満点です


2:ソーラ・システムで大打撃を受けるも
  的確な指示でジオン軍をまとめ
  果敢に連邦に対するドズル
  見た目は完全に悪者顔ですが
  なぜかかっこよくみえてしまいます。
  自分の妻ゼナと愛娘のミネバ&女達を
  ソロモンから脱出させたりして
  そういった配慮がしっかりできるドズル
  顔はかなり恐いけど

  意外と良き上官なのだと感じました。


その一部始終・名シーンはこちらYouTube

35話全セリフ&コメント


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。