第37話「テキサスの攻防」全セリフ&コメント付

機動戦士ガンダム 第37話「テキサスの攻防」より



ナレーター 「ソロモンの攻略戦が終わった。ドズル中将旗下の宇宙攻撃軍は事実上壊滅した。ジオン公国にとっては予想だにしなかった敗北であった。デギン・ザビ公王は、ドズルにしてもっともな事であるよ、とギレンに答えたという。ギレンはその公王に怒りを覚えつつも、綺羅星のごとく居並ぶ高官達の前で叫んだ。ア・バオア・クーを最終防衛線として連邦を撃つ、と」



マーカー 「第二戦闘ライン内異常なし、敵艦なし、機雷なし、と。結構なことですよ、あと30分で交代ですからね」

フラウ 「アムロが来ました」
サンマロ 「血圧測っといてくれ」
フラウ 「はい」
サンマロ 「オスカ、マーカー、アムロ、みんなよく持つな。あー」

アムロ 「フラウ・ボゥもいろんな事やらされて大変だね」
フラウ 「アムロに比べたら楽なものよ」
アムロ 「いつからだっけ?」
フラウ 「何が?」
アムロ 「僕ら、話しなくなって」
フラウ 「そうね、無我夢中だったからね」
アムロ 「うん」
フラウ 「コンピュータの内診は異常なしよ」
  「アムロって恐いくらいたくましくなったのね」
アムロ 「え?」
フラウ 「あたしなんかには届かなくなっちゃったのね」
  「でもいいのよ。弱虫のアムロなんて見たくもないし、みんなこうして大人になっていくんでしょ?」
アムロ 「ご、ごめん。フラウ・ボゥ、なにも僕」
フラウ 「いいんだってば。でも、サイド6で何かあったの?アムロ、変わったみたい」
アムロ 「そ、そうかい?べ、別に。…いつか話せるようになったら話すよ。いろんなことがあったんだ」
フラウ 「そう」
サンマロ 「どう?」
フラウ 「…異常ありません」
アムロ 「ハヤトの具合どうですか?」
サンマロ 「順調だよ、運動やってたおかげだな」

マーカー 「まいったな、テキサスの暗礁空域だ」
ブライト 「総員起こしするか」
マーカー 「あ、起こしてすいません」
ブライト 「いや」
マーカー 「第三戦闘ラインすれすれにいるのはチベですが、テキサスゾーンにもいるようですね」

ナレーター 「ソロモンを抜け出した敵艦の掃討作戦に就くホワイトベースはテキサスゾーンに入った。暗礁空域である。レジャーと牧畜業を専門に造られたこのコロニーはテキサスと名付けられ、軍事的にはなんの重要性も持たぬ為に取り残されている。それを囲むように岩とコロニーの残骸が浮かぶ」

シャア 「まだテキサスには着いておらんのか?エルメスとビットは」
マリガン 「整備が遅れているようです」
シャア 「まあいい、私のゲルググが届いているだけでもな。テキサスには人はいるのか?」
マリガン 「さあ、昔の従業員とコロニーの管理省の役人がわずかにいるようですが」
シャア 「無人コロニーみたいなものか」
マリガン 「はい」
  「木馬はどうします?」
シャア 「近くにマ・クベがいるだろ?」
マリガン 「はい」
シャア 「こちらは手持ちの武器がないのだ、奴にやらせろ。ザンジバルはテキサスに入港する」

マーカー 「チベが動きます、見つかったらしいです」
ブライト 「よーし、総員起こしだ」

ブライト 「敵接近、敵接近、全員第三戦闘配置」
セイラ 「…命拾いのあとのいいお風呂だったのに」

ブライト 「ソロモンから脱出した敵と思われる。第二戦闘エリアに入ったらガンキャノンも発進する。各員、ソロモンのあととはいえ気を抜くなよ」
  「ミライ、いいのか?」
ミライ 「心配かけてごめんなさい。少し働いて疲れたわ」
ブライト 「無理はするな。俺でよかったら聞き役ぐらいはさせてくれ」
ミライ 「…ありがとう。助かるわ、そう言ってくれると」

マ・クベ 「フフ、予定通りだな。木馬をキャッチできたか」
  「ウラガン、私のギャンの整備はどうかな?」
ウラガン 「はい、いつでも」
マ・クベ 「ようし、エリア2まで進んでリック・ドム発進、私もギャンで出動する」
ウラガン 「しかし、マ・クベ大佐みずからお出になることはないと」
マ・クベ 「あるのだな」
ウラガン 「は?」
マ・クベ 「ギャンは私用に開発していただいたモビルスーツだ。キシリア少将へ男としての面子がある。それにシャアには例のモビルスーツが届いていないという話だ。きゃつの前で木馬とガンダムを仕留めてみせるよ」

アムロ 「セイラさん、チベが第二戦闘エリアにキャッチできるはずです。気を付けてください」
セイラ 「了解」

ジオン兵A 「ポイント3AAに木馬キャッチ。各員戦闘配置に就け。リック・ドムは敵戦闘爆撃機に対して先制攻撃を掛ける」
マ・クベ 「ガンダムが現れたらテキサスへ誘いこめ。このギャンにはその方がやりやすい」
ジオン兵A 「は、心得ております」
マ・クベ 「よーし、ゆけ」

アムロ 「来たな」
  「セイラさん、チベです。そろそろ見えますよ」
セイラ 「了解」

ブライト 「マーカー、どうなんだ?敵の動きは」
マーカー 「ますます岩が多くて」
ブライト 「正面、最大望遠だ」
  「Gアーマーを狙っているのか?」

マ・クベ 「ウラガン、木馬の足を止めるのは任せたぞ。相手は一隻だが油断はするなよ」

ウラガン 「了解であります。出撃なさってください」

マ・クベ 「作戦通りやれ。テキサス近くで私は仕掛けを作る。ガンダムを倒せば二階級特進ものだということを忘れるな」

セイラ 「来るわ、アムロ」
  「見えて?アムロ。モビルスーツ四、五機かしら?」
アムロ 「ミノフスキー粒子と岩のおかげで判別つきませんね」
セイラ 「見えたわ」
  「アムロ、狙えて?」
アムロ 「やってみます…」
  「ボルトアウト、急ぎます」
セイラ 「了解」
アムロ 「来るな」
  「うわーっ」
  「どこだ?」
セイラ 「ドム」

マーカー 「ガンダム、Gファイター、テキサスへ流されているようです」
ブライト 「カイ、発進スタンバイ。各員、第一戦闘配置」

ハヤト 「サンマロ軍曹、また戦いが始まってんですか?」
サンマロ 「ハヤトは体を治すことだけを考えるんだ。それも任務だぞ」
ハヤト 「それはわかりますが、僕の傷は思ったほどひどくないんですよ」
サンマロ 「あと一日二日したら起きられるんだから今はこらえるんだ」
ハヤト 「格好良くいかんもんですね」
サンマロ 「病人の格好っていうのだってあるのさ。手間をかけさせるなよ」

シャア 「ミラーの調節も利かないコロニーはひどいものだな、カラカラだ。フラナガン、どうだ?」
フラナガン 「順調です。ララァはテストターゲットを70パーセントの確率で当てました」
シャア 「うむ、ザンジバルに戻るか」
ナレーター 「牧畜とレジャーの為のこのテキサスも、戦争の余波でミラーが動かなくなり八ヶ月あまり夕暮れのままである。その為砂漠化が進み、人も住まない」
ララァ 「なにかしら?来るわ」
シャア 「来る?何がだ?」
ララァ 「なにかしら、なにかしら、これ?何かが来るわ」
シャア 「フラナガン、なんだ?」
フラナガン 「テストターゲットではありません。今までこんな脳波の共振を示したことはありません」
ララァ 「あたしと同じ人がいるのかしら?」
シャア 「ララァ、今なんと言った?」
ララァ 「フフフ、大佐があたしの心を触った感じなんです」
シャア 「私が?ララァ、冗談はやめにしてくれないか」
ララァ 「はい」
  『なんだったんだろう?今の、あの痺れるような感覚は?』

アムロ 「手馴れたパイロット達だ。しかしパターンは読んだぞ」

マーカー 「ガンダムとGファイターはテキサスエリアに入りました」
ブライト 「右舷の艦隊の動きはどうなんだ?」
マーカー 「変化ありません。ゆっくり移動しているようです」

セイラ 「チッ」
アムロ 「最後の一機」
  「なに?」
  「こいつの所へ誘い込む為の作戦だったのか」
マ・クベ 「さて、来てもらおうか、ガンダム」

 

アムロ 「こいつ、小賢しいと思う」
マ・クベ 「ははは、や、やった」
  「フフ、戦いをまともにやろうとするからこういう目に遭うのだよ、ガンダム」
  「おおっ」
アムロ 「ん?テキサスに逃げるのか?」

シャア 「何を見ているのだ?」
ララァ 「大佐を。いけませんか?」
シャア 「構わんよ」
ララァ 「あたしにエルメスを操縦できるのでしょうか?」
シャア 「恐いのか?」
ララァ 「はい」
シャア 「それは慣れるしかないな。私がいつもついていてあげる。そうしたらララァはすぐに私以上のパイロットになれる」
ララァ 「私が?赤い彗星以上に?」
シャア 「当たり前だ。そうでなければ、みなしごだったララァをフラナガン機関に預けたりはしない。サイド6ではさびしい思いをさせてすまなかったな」
ララァ 「…」
マリガン 「大佐、マ・クベ大佐がモビルスーツでテキサスに潜入したそうです」
シャア 「マ・クベがか?物好きな。マ・クベにそんなとこがあったとはな」
マリガン 「ご自分用のモビルスーツを開発させて、打倒木馬と常日頃おっしゃっておられたようですから、自信があるのでしょう」
シャア 「私へのあてつけだよ。そうでなければ彼がそんな軽率なことをする訳がない。しかし、黙って見ている訳にもいかんな」
マリガン 「ゲルググの装備は終わっています。プロトタイプですので完全とはいえませんが」
シャア 「なら、テストを兼ねてマ・クベの様子を見るか」

セイラ 「まだ」
  「やった」
  「敵艦だわ」

ブライト 「フラウ・ボゥ、ガンキャノンを発進させろ」
フラウ 「はい」
ブライト 「マーカー、敵艦は?」
マーカー 「チベ1、ムサイ2」

アムロ 「…」

ララァ 「…なにかしら?」
シャア 「わかっている。ゲルググのデーターは頭に入れてある」
マリガン 「ノーマルスーツを着てはいただけませんか?」
シャア 「私はモビルスーツに乗っても必ず帰ってくる主義だ。死にたくない一心でな。だから戦闘服だのノーマルスーツなどは着ないのだよ」
  「上げてくれ」
マリガン 「はい」
ララァ 「…?」

アムロ 「ん?」
  「…違うな」
  「うわーっ」
  「…こ、こんな小型爆弾で」

ララァ 「大佐」
シャア 「ララァ、安全な場所からよく見ておけ。モビルスーツ同士の戦いというものを」
ララァ 「はい」
シャア 「さて、マ・クベのお手並みを見せてもらおうか」

ミライ 「3、2、1、どうぞ」

ウラガン 「うっ、バ、バロメルが」
  「こっちも岩を盾にするんだ」

シャア 「あれか?」
マ・クベ 「カンがいいのか?それともあの新しいタイプの奴なのか?」
  「ん、味方のモビルスーツか?」
アムロ 「やるな」
  「赤いモビルスーツ?」
  「シャアなのか?」
マ・クベ 「シャアーッ、退けい」
  「今の貴様の任務はガンダムを倒すことではないはずだ」
シャア 「味方が苦戦しているのを見逃す訳にはいかんのでな」
マ・クベ 「私なりの戦い方があるからこそガンダムを引き込んだのだ」
シャア 「任せたよ、マ・クベ大佐。来るぞ」
アムロ 「…」
マ・クベ 「フフ、今までのデーターで確かめてある。シャアとの小競り合いでビームを使いすぎたのだよ」

カイ 「こいつ」
  「うおーっ」

シャア 「ガンダムがかたをつけてくれればありがたいとも思ったが、マ・クベめ、よくやる」
  「ララァ、見ているな?」
ララァ 「大佐はなぜ助けてあげないのかしら?なぜ?…こ、これだわ、さっきからの感じ」
アムロ 「もう剣を引け」
  「汚い手しか使えないお前はもうパワー負けしている」
マ・クベ 「シャアを図に乗らせない為にはガンダムを倒さねばならんのだよ」
  「なんと」
  「おおっ」
ララァ 「ああっ」
  『もうおやめなさい、終わったのよ』
アムロ 「え?なに?」
マ・クベ 「…おお、ウラガン、あの壺をキシリア様に届けてくれよ、あれはいい物だ」
死に際にこのセリフ、ある意味すごい・・・
シャア 「それ見たことか。付け焼刃に何ができるというか」
ララァ 「…大佐」
アムロ 「誰だ?誰かが僕を見ている」
  「これは?シャアじゃない」
ララァ 「こ、これは?ア、ム、ロ?」
アムロ 「ラ、ラ?」

次回予告 「すでに新たな力を手に入れつつあるアムロにとって、シャアは敵ではなかった。その戦いのさなか、セイラはシャアに詰問をする。ジオンを捨てよ、我が胸に帰れ、と。機動戦士ガンダム、次回、『再会、シャアとセイラ』。君は、生き延びることができるか?」


37話動画はこちらよりYouTube

37話で出てくる名言&その感想
アムロ名言  マ・クベ名言  

ガンダム 第37話「テキサスの攻防」の感想と見所

ガンダム(アムロ)VSギャン(マ・クベ)戦闘シーン動画

ぶりぶりざえもんVSアムロ(ガンダム)おもしろ戦闘シーン動画


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。