アムロ名言集 第37話「テキサスの攻防」より

アムロ名言集 第37話「テキサスの攻防」より


「…いつか話せるようになったら話すよ。いろんなことがあったんだ」


<アムロ名言 感想>

第37話で、医務室でアムロが
フラウ・ボゥと会話しているときに言ったセリフ



アムロ 「フラウ・ボゥもいろんな事やらされて大変だね」
フラウ 「アムロに比べたら楽なものよ」
アムロ 「いつからだっけ?」
フラウ 「何が?」
アムロ 「僕ら、話しなくなって」
フラウ 「そうね、無我夢中だったからね」
アムロ 「うん」
フラウ 「コンピュータの内診は異常なしよ」
  「アムロって恐いくらいたくましくなったのね」
アムロ 「え?」
フラウ 「あたしなんかには届かなくなっちゃったのね」
  「でもいいのよ。弱虫のアムロなんて見たくもないし、みんなこうして大人になっていくんでしょ?」
アムロ 「ご、ごめん。フラウ・ボゥ、なにも僕」
フラウ 「いいんだってば。でも、サイド6で何かあったの?アムロ、変わったみたい」
アムロ 「そ、そうかい?べ、別に。…いつか話せるようになったら話すよ。いろんなことがあったんだ
フラウ 「そう」


ってな感じのくだりです


「…いつか話せるようになったら話すよ。いろんなことがあったんだ」


これを名言と言うには語弊があるような気もしますが
個人的に
なんとなく響きがよかったと感じたので
名言扱いさせてもらいました。

今までの激戦があればこそ、
いろんなことがあったからこそ、
こういった言葉が言えるんだろうなって感じました。


人には、
言えないこと
隠したいこと
いろんなものを抱えて生きています

そういったことを口に出して話すには
それなりの時間とパワーがいるものなのではないでしょうか?


まったく隠すことがないっていう人もなかにはいるでしょうが
少なくとも私は
人には言いたくないことの1つや2つあります。

知られたくない、隠したい
あって当然で、
ましてそれを口に出して話すなんて
なかなかできるものではありません。

いろいろ辛いことを経験している人や
秘密を抱えている人にとって

このアムロのセリフは
心に響くものではないでしょうか?



その名シーンはこちらYouTube

37話で出てくる名言&その感想
マ・クベ名言  

ガンダム 第37話「テキサスの攻防」の感想と見所

37話全セリフ&コメント

ガンダム(アムロ)VSギャン(マ・クベ)戦闘シーン動画

ぶりぶりざえもんVSアムロ(ガンダム)おもしろ戦闘シーン動画


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。